So-net無料ブログ作成
検索選択

中国の反日デモによる日本の被害は・・・ [ニュース]

スポンサーリンク




中国の反日デモによる日本の被害は・・・

9月11日、政府が尖閣諸島の国有化しました。

石原都知事が尖閣諸島の購入計画を表明したのが今年の4月で
購入へ向け石原都知事の方針への賛同者から約14億円の寄付金を集め、
9月に入り周辺海域の調査も行っていたのですが、
日本政府は中国政府の反発を和らげ、
「平穏かつ安定的な維持管理」をするためとして
東京都の購入計画を阻止して国有化しました。


石原都知事 画像

せんかくしょとう2.gif

政府は魚釣島、北小島、南小島の三島を20億5千万円で購入
購入費は平成24年度予算の予備費から支出され
日本政府への所有権移転登記も完了させました。

激化していた中国全土での反日デモ
沈静化の方向へ向かっているようですが
国有化が発表された11日から19日の間に
日本の政府機関や大学、企業など少なくとも
19のサイトがサイバー攻撃を受けていました。

一時的に閲覧困難になったり、中国国旗の画像に書きかえられたりしているそうで
中国国内のサイトで約3百の日本の団体が攻撃対象と名指しされているそうです。
中国の海洋監視船による領海侵犯も相次いでいます。

尖閣諸島の周辺の海底には金額で7000兆円ともいわれる量の
石油が眠っていると言われています。


石油埋蔵量が明らかになるまでは中国の地図には尖閣諸島は
日本領として記載されています。
石油資源を狙った中国の強硬姿勢に日本政府は屈することなく
毅然とした態度で、尖閣諸島は日本の領土であるということを
主張して欲しいと思います。


尖閣国有化後、19サイトにサイバー攻撃




こちらのサイトは尖閣諸島問題や中国反日デモに関して
詳しく書いています。

中国反日デモ 世界の反応 尖閣諸島問題国有化






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。